ダイエットエステの基本

ダイエットエステに副作用!?それって本当?

痩身エステに通えば効率よくダイエットすることができます。副作用が心配な人もいるかもしれませんが、その原因について知っておくと良いでしょう。痩身エステを受けた後に痛みや痣などができてしまうことがあります。

このような症状はどんな人でも起こる可能性がありますし、そのうち治まるものなのであまり気にしなくても良いでしょう。

しかし、痛みの感じ方や痣のできやすさなどは人によって異なっていますし、気になる場合はカウンセリングの時にスタッフに相談しておくのがおすすめです。施術で使用するマシンが胎児に悪影響を及ぼすことなどはありません。

日本のエステサロンでは安全基準をクリアしたマシンが使われているのですが、妊娠中はエステサロンに通わない方が良いかもしれません。

妊娠中に体へ大きな負担をかけてしまった場合、流産などの原因となってしまうこともあります。そのため痩身エステ自体を避けた方が良いでしょう。

安定期に入れば施術を受けても問題ないのですが、お腹や下半身への施術は避けた方が無難です。

ちなみに、妊娠中は体が脂肪を蓄えやすくなっており、この時期に痩身エステを受けてもあまり効果を期待できないことがあります。

効率よくダイエットしたいなら出産が終わって落ち着いてからエステサロンに通い始めた方が良いでしょう。少ない回数で効果を出したい場合、ハンドマッサージだけでなく、マシンを取り入れているエステサロンを選ぶのがおすすめです。

痩身エステの施術で使われるマシンは全て安全性が高いのですが、脂肪燃焼効果の高いキャビテーションをメインで使用しているところが良いでしょう。

キャビテーションは痛みが少ないというメリットもあります。超音波の力を使って脂肪の燃焼を促すというマシンであり、脂肪だけにダイレクトに作用することが特徴です。

他の組織や細胞に影響を与えることはありませんし、医学的にも安全性が立証されているので安心して受けることができるでしょう。